胃カメラ

胃カメラとは
胃カメラとは先端に小型カメラがついた太さ約9mmほどのスコープで食道・胃・十二指腸を観察する医療検査機器です。
完全無痛胃カメラ
胃カメラは少なからず苦痛を伴う検査です。通常、鎮静薬・鎮痛薬・鎮痙薬など適宜組み合わせて使用、もしくはすべて使用し検査を行う場合も多いです。当院では静脈麻酔による検査を行っているため、苦痛の原因となる反射はほとんどなく、目が覚めたら検査は終了している場合がほとんどです。
ピロリ菌検査
ピロリ菌の検査法は6種類ありますが、その内2種類を組み合わせて検査を行います。ピロリ菌が陽性の場合は、除菌療法を行います。
NBI・拡大内視鏡
当院ではオリンパス社製の最新鋭の内視鏡設備を導入しています。使用しているスコープは全てNBI・拡大観察機能を搭載している最新モデルです。

料金表(保険診療の場合)

胃内視鏡(観察のみ)
〈1割負担〉約2,000円
〈3割負担〉約6,000円
胃内視鏡+病理組織検査
〈1割負担〉3,000~4,000円
〈3割負担〉9,000~12,000円